可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美修復などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
歯周病と様々な合併症

こんにちは! 歯科衛生士の松田です。

 

歯周病には様々な合併症があることをご存知でしょうか。

今回は歯周病とその合併症についてお話しします。

歯周病は感染症です。歯周組織局所への微生物感染により、歯周組織破壊が生じます。

歯周組織とは、歯の周りにある歯肉(歯茎)、歯根膜、セメント質、歯槽骨のことを言います。

歯周病の1番の原因となる歯周病菌は、どなたのお口中にも存在します。

そして、この歯周病菌の感染に欠かせないのがプラーク(歯垢)です。

これらの菌は、歯茎の中へ侵入し、炎症を起こし、その後、組織内の毛細血管から全身の組織、臓器に運ばれます。この病原微生物が引き起こすさまざまな反応が全身疾患と関連します。

 

①歯周病と糖尿病

糖尿病とは膵臓から出るインスリンの量が減少したり、働きが悪くなるため、糖が利用されず血液中のブドウ糖濃度(血糖)が上昇します。

糖尿病では、歯周病が進行、再発しやすくなりますがこれは高血糖のためです。

また、歯周病と糖尿病は相互関係にあり、歯周病が悪化すると、糖尿病が悪化し、糖尿病が悪化すると歯周病が悪化します。

 

②歯周病と誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは咳反射の低下などによって誤嚥が起こり、口の中の汚れが直接気管内に侵入することによって起こります。したがって歯周病治療やご自身での口腔ケア(歯みがき)により、お口の中の汚れ(細菌)を減らすと、肺炎の発症率を著しく減少させます。

 

③歯周病と血管障害

特にアテローム性動脈硬化症との関連が注目されています。歯周病との慢性炎症(症状が緩やかに持続)が進行すると血管の中の細胞に障害を与え、動脈疾患の発症リスクが高くなると考えられています。

 

④歯周病と早産・低体重児出産

歯周病を患う妊婦は、炎症性物質が血液を介して胎盤、子宮に移行し、早産・低体重児出産のリスクを高めると考えられています。

⑤歯周病と骨粗鬆症

骨粗鬆症を患う歯周炎患者は、骨粗鬆症のない歯周炎患者に比較して病態が悪化すると言われていることから、骨粗鬆症を患うと歯周病悪化すると考えられています。

 

⑥歯周病と肥満

脂肪組織から分泌される炎症性物質が歯周組織の炎症を進行させている可能性があります。

 

⑦歯周病と間接リウマチ

関節リウマチを患う方は健康な方と比べると歯周病になりやすく、重症化しやすいと言われています。

また、歯周病の方は歯周病の原因となる細菌が持つ酵素が関節リウマチの発症、症状の進行に繋がる可能性があると言われています。したがって、歯周病が進行すると、関節リウマチの症状も進行し、関節リウマチの症状が進行すると、歯周病の症状も進行します。

 

歯周病を患う方の割合は5~9歳においても35%以上を示しており、40~69歳以上の年齢層では、80%に達します。

上と下の噛み合う歯がない方は、45歳以降から増加し、85歳以上で約50%となります。

歯を失う一番の原因は虫歯ではなく、歯周病です。

歯周病の進行を抑える為には原因である歯周病菌を減らす必要があります。

1番大切なのはお家での1日3回毎食後の歯磨きです。しかし、歯周病菌のたくさん存在する歯茎の中は歯ブラシだけでは届きにくいです。

歯科医院のメインテナンスでは専用の超音波の器具を使用し、歯ブラシでは届かない歯周ポケットの中を洗浄します。

定期的なメインテナンスで常に歯周病菌の少ない状態を保ちましょう!

いつまでも健康な歯を残し、美味しい食事を楽しむ為に、歯はなくてはならないものです。

あなたのお口の中は自身を持って健康だと言えますか?

少しでも気になる事があればご相談下さい。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美修復サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト