可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美修復などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
ホワイトスポットについて

ホワイトスポットについて

 

こんにちは、衛生士のアツミです。

今日はホワイトスポットについてお話ししたいと思います。

歯の一部が白く斑点のようになっているかたはみえませんか?

その白い斑点のことを、ホワイトスポットと言います。

  • ホワイトスポットができる原因
  1. 初期の虫歯

虫歯には段階があり、その始まりが、歯の表面のミネラル分がとけだす脱灰という状態です。脱灰を起こすと歯は光沢を失い白く濁り始めます。これが初期の虫歯でなり、徐々に穴が空いて黒くなってくるのです。

  1. エナメル質形成不全

エナメル質形成不全という主に遺伝や生まれつきの病気、幼少期に発熱や栄養障害によって、歯の表面の「エナメル質」が正常に形成されない病気の為にできる白い斑点です。

エナメル質形成不全の場合、初期の虫歯と違って、再石灰化による治癒は期待できません。そのため、エナメル質形成不全によるホワイトスポットで悩まれておられるかたは

、長期間その悩みを抱えておられる方も少なくありません。

  • ホワイトスポッットの治療法

 

初期の虫歯の場合は、すぐに治療は必要ありません。この場合、フッ素を塗布したり、きちんとしたブラッシングを続け、歯の再石灰化を促します。

それでも再石灰化が間に合わず、虫歯が進行してしまうと削らざるを得なくなることもあります。

 

エナメル質形成不全の場合、範囲や大きさ、場所によって治療法が異なります。

 

1、ホワイトニング

ホワイトスポットの範囲が小さい場合や一部分のみ白くなっている場合には、ホワイトニングで歯全体を白くして目立たなくすることができます。ある程度の白さまで達すればホワイトスポットと元の歯の色が近くなり目立たなくなるのです。
ただし、元の歯の色やホワイトスポットの大きさによっては、かえって目立つこともあるので歯医者さんに相談することをおすすめします。

2、コンポジットレジン充填

白くなっているホワイトスポット部分を削って、虫歯治療時に用いられるプラスチック素材のコンポジットレジンを詰める治療法です。元の歯の色に近いレジンを選び、詰めてもらうことでキレイな歯にできます。
ただし、レジンはプラスチック素材のため長年経つと変色していきます。そのため後からアフターケアをしてもらうことが大切です。
虫歯が原因でホワイトスポットになっているのであれば保険は効きますが、そうでなければ保険は効かないので念頭においておきましょう。

3、ラミネートベニア

歯の表面を全体的に薄く削って、セラミックでつくられた人工歯を貼り付ける治療です。歯面を削る必要があるため健康な歯の人にはおすすめできませんが、施術することでホワイトスポットがきれいに目立たなくなります

4、ダイレクトボンディング

審美用のプラスチック素材を歯に盛り付けることで歯面の変色を白くキレイに見せる治療です。
変色だけでなくすきっ歯なども埋めることができるメリットがあります。歯を削らすに(もしくは削る量を少なくし)白く均一な歯面にできます。

 

 

ホワイトスポットは人によっては長年の悩みになっていることもあります。

治療法はたくさんありますが、おすすめできないのは自己流で歯を削ったり、市販のホワイトニング剤を使ったりすることです。歯や歯茎を傷めるだけでなく、色の差が目立ってホワイトスポットがひどくなることもあります。

また治療法の中でも、レジン充填やラミネートベニア、ダイレクトボンディングは健康な歯を削る必要があります。

その中でもオススメなのが、削る量が少なくて、見た目にもきれいに出来る、ダイレクトボンディングです。

おくだ歯科で出来るので、もし気になっているかたは、ご相談ください。

 

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美修復サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト