可児市 歯科 歯医者 おくだ歯科|多治見市からもすぐ

症例集

症例集

インプラント治療や矯正治療の症例をご確認いただけます

インプラント

インプラント症例1

インプラント症例1
【主  訴】 前歯が折れた
【治療内容】 左上2番を抜歯して一度義歯を作り、骨が治るのを待ってインプラント埋入。骨接合後、型をとり、上部構造を装着
【治療期間】 抜歯から含め1年半
【費  用】 572,000円
【副 作 用】 インプラントに伴うリスク参照 →

インプラント症例2

インプラント症例2
【主  訴】 右下に歯を入れたい
【治療内容】 インプラント埋入し、骨接合後、型をとり、上部構造を接着
【治療期間】 4ヶ月
【費  用】 473,000円
【副 作 用】 インプラントに伴うリスク参照 →

矯正歯科

叢生症例1

Before

叢生症例1ビフォー

After

叢生症例1アフター

【主  訴】 ガタガタを治したい。
【治療内容】 下顎より上顎がとても狭かったため、上顎にガタガタが強く生じていました。そのため、まず4ヶ月間クワドヘリックスという上顎を広げる装置を入れて隙間ができるまでしっかり広げました。その後、痛みが少ないように柔らかいワイヤーから進めていき、徐々に太いワイヤーに替えてガタガタの歯を真っ直ぐにしていきました。
■結果
クワドヘリックスにより十分に広げることができたため歯を抜かずに治すことができました。歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:2年半/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

叢生症例2

Before

叢生症例2ビフォー

After

叢生症例2アフター

【主  訴】 ガタガタを治したい。
【治療内容】 上顎も下顎もガタガタが強く生じていたので、上下左右の第一小臼歯を抜歯し、痛みが少ないように柔らかいワイヤーから進めていき、徐々に太いワイヤーに替えてガタガタの歯を真っ直ぐにしていきました。その後、上下顎とも前歯が前方に出ていたので、後方に下げ口元もすっきりしました。
■結果
歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:2年半/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

過蓋咬合症例

Before

過蓋咬合症例ビフォー

After

過蓋咬合症例アフター

【主  訴】 上の前歯しか見えない。かみ合わせが深いのが気になる。ガタガタを治したい。
【治療内容】 上の前歯が伸びていてかみ合わせた時に下の前歯が全く見えないくらい、とても深いかみ合わせの状態でした。また、笑ったときに歯茎が見えてしまうガミースマイルを呈していました。かみ合わせが深いので上顎も幅の狭い歯並びで、ガタガタも強い状態でした。上下左右の第一小臼歯を抜歯し、痛みが少ないように柔らかいワイヤーから進めていき、徐々に太いワイヤーに替えてガタガタの歯を真っ直ぐにしていきました。また、上の前歯のかみ合わせを上げるためにレバーアームという工夫をしたワイヤーを入れ改善していきました。
■結果
上の前歯しか見えなかったかみ合わせが、下の前歯もしっかり見えるように、かみ合わせを十分に上げることができました。これだけ上げることが出来たので、笑ったときに歯茎が見えることもなくなり、綺麗なスマイルラインを獲得することができました。歯列も綺麗に並び、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。
【治療期間・費用】 期間:3年/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

開咬症例

Before

開咬症例ビフォー

After

開咬症例アフター

【主  訴】 前歯が開いているのが気になる。ガタガタを治したい。他院では難しいと言われた。
【治療内容】 上下顎ともにかなり狭いアーチを呈しており、骨格的な開咬の状態(ハイアングル)で奥歯で咬んでも前歯が開いた状態でした。また、大臼歯関係もずれていました。(AngleⅢ級関係)そのため、まず、上顎は急速拡大装置で、下顎はポーターでともに側方に広げていきました。骨格的な開咬の状態でしたが、同時に舌が前方に出て、開咬の状態を悪化させていたため、MFT(口腔筋機能療法)を行いました。
また、Ⅱ期になり上顎の左右の第二小臼歯を抜歯し、上顎から装置をつけて、細いワイヤーから一番太いワイヤーになるまで並べていきました。上顎が真っ直ぐに並んでから下顎の左右の第一小臼歯を抜歯し、下顎にも装置をつけ、3級ゴムをつけて大臼歯関係を改善していきました。前歯も舌側へ下げました。
■結果
開咬は改善し、上下の正中も一致し、歯列は安定しています。大臼歯関係も改善し(AngleⅠ級関係)、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。
【治療期間・費用】 期間:5年/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

上顎前突症例

Before

上顎前突症例1ビフォー

After

上顎前突症例1アフター

【主  訴】 出っ歯を治したい。口元が出ているのが気になる。
【治療内容】 上顎の前歯が極端に前方に出て、強い出っ歯を呈していました。お顔を横から見たときも口元がかなり出た状態でした。また、軽度のガタガタと大臼歯の位置関係もずれていました(AngleⅡ級関係)。上顎の左右の第一小臼歯、下顎の左右の第二小臼歯を抜歯し、痛みが少ないように柔らかいワイヤーから進めていき、徐々に太いワイヤーに替えてガタガタの歯を真っ直ぐにしていきました。
■結果
大臼歯関係の改善の為に、矯正用アンカースクリューを用いて正しい大臼歯関係に改善し(AngleⅠ級関係)、上顎前歯が前方に強く出ていたので、最大限後方に下げ、出っ歯が綺麗に治りました。口元もとてもすっきりしました。
【治療期間・費用】 期間:3年/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

下顎前突症例1【抜歯】

Before

下顎前突症例1【抜歯】ビフォー

After

下顎前突症例1【抜歯】アフター

【主  訴】 受け口と前歯が開いてガタついているのを治したい。
【治療内容】 前歯は反対のかみ合わせをしており、軽度のがたつきと開咬(前歯が開いている状態)を呈していました。また、大臼歯のかみ合わせも大きくずれていました。(Angle Full classⅢ関係)上顎左右の第二小臼歯を抜歯し、上顎から装置をつけて、一番太いワイヤーになるまで並べていきました。上顎が真っ直ぐに並んでから下顎の左右の第一小臼歯を抜歯し、下顎にも装置をつけ、3級ゴムをつけて大臼歯関係を改善していきました。前歯も舌側へ下げました。
■結果
前歯の反対のかみ合わせは改善し、上下の正中も一致し、歯列は安定しています。開咬も大臼歯関係も改善し(Angke1級関係)、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。
【治療期間・費用】 期間:3年/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

下顎前突症例2【非抜歯】

Before

下顎前突症例2【非抜歯】ビフォー

After

下顎前突症例2【非抜歯】アフター

【主  訴】 前歯のガタつきと受け口を治したい。
【治療内容】 前歯は反対のかみ合わせをしており、右上の2番目の歯が舌側に入ってしまい、上下の正中もずれていました。また、大臼歯のかみ合わせもずれていました。(AngleⅢ級関係)まず、上顎から装置をつけて、一番太いワイヤーになるまで並べていきました。上顎が真っ直ぐに並んでから下顎にも装置をつけ、3級ゴムをつけて大臼歯関係を改善していきました。
■結果
歯を抜かずに治すことができました。前歯の反対のかみ合わせは改善し、上下の正中も一致し、歯列は安定しています。大臼歯関係も改善し(Angke1級関係)、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:2年/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

インビザライン=マウスピース矯正症例1

Before

インビザライン=マウスピース矯正症例1ビフォー

After

インビザライン=マウスピース矯正症例1アフター

【主  訴】 前歯のガタガタが気になる。
【治療内容】 上下の前歯にガタガタがあり、左側の大臼歯のかみ合わせがずれていました。 (左側AngleⅡ級関係)。目立たない矯正が希望で、マウスピース矯正(インビザライン)で行いました。左側に2級顎間ゴムを使用し、大臼歯関係を改善しました(AngleⅠ級関係)。また、歯列を拡大、IPRを行ってガタガタを綺麗にしていきました。
■結果
大臼歯関係も改善し、とても綺麗に並んでいます。歯を抜かずに治しました。歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:1年3ヶ月/費用:800,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

インビザライン=マウスピース矯正症例2

Before

インビザライン=マウスピース矯正症例2ビフォー

After

インビザライン=マウスピース矯正症例2アフター

【主  訴】 前歯のガタガタとかみ合わせが気になる。
【治療内容】 上下の前歯にガタガタがあり、上顎5番がかなり内側に入った状態でした。また大臼歯関係は受け口のかみ合わせでずれていました(AngleⅢ級関係)。目立たない矯正が希望で、マウスピース矯正(インビザライン)で行いました。3級顎間ゴムを使用し、大臼歯関係を改善しました(AngleⅠ級関係)。また、歯列を拡大、IPRを行ってがたがたを綺麗にしていきました。
■結果
大臼歯関係も改善し、とても綺麗に並んでいます。歯を抜かずに治しました。歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:2年/費用:800,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

舌側矯正・リンガル矯正=裏側矯正症例1

Before

舌側矯正・リンガル矯正=裏側矯正症例1ビフォー

After

舌側矯正・リンガル矯正=裏側矯正症例1アフター

【主  訴】 上の前歯の隙間が気になる。
【治療内容】 上の前歯に隙間があり、かみ合わせが深い状態でした。目立たない矯正が希望で、上顎は舌側矯正、下顎は唇側矯正(ホワイトワイヤー)で行いました。痛みが少ないように柔らかいワイヤーから進めていき、徐々に太いワイヤーに替えていき、隙間も閉じていきました。上下の前歯のかみ合わせを上げるためにワイヤーにカーブを入れて工夫して治していきました。
■結果
上の前歯の隙間も綺麗に閉じて、かみ合わせも上がっています。歯を抜かずに治すことができました。歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:2年/費用:1,000,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

舌側矯正・リンガル矯正=裏側矯正症例2

Before

舌側矯正・リンガル矯正=裏側矯正症例2ビフォー

After

舌側矯正・リンガル矯正=裏側矯正症例2アフター

【主  訴】 出っ歯と前歯の開きが気になる。
【治療内容】 上顎の前歯が前方に出て、お顔を横から見たときも口元が出た状態でした。また、奥歯で咬んでも前歯が開いているかみ合わせでした。軽度のガタガタがあり、左側の奥歯の位置関係もずれていました(Angle2級関係FullclassⅡ)。目立たない矯正を希望された為、上顎は舌側矯正、下顎は唇側矯正(ホワイトワイヤー)で行いました。柔らかいワイヤーから徐々に太いワイヤーに替える事で、痛みを少なくしながらガタガタの歯列を真っ直ぐに整えていきました。
そして、出っ歯の改善の為に上顎の左右の第一小臼歯の抜歯を行ない、矯正用アンカースクリューを用いて上顎の前歯を最大限後方に下げました。前歯が引っ込み、横から見た時のお顔のラインも、とても綺麗になりました。
■結果
歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:3年/費用:1,000,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

小児矯正症例(Ⅰ→Ⅱ期)

Before

小児矯正症例(Ⅰ→Ⅱ期)ビフォー

After

小児矯正症例(Ⅰ→Ⅱ期)アフター

【主  訴】 出っ歯を治したい。ガタガタと上の前歯が開いているのも気になる。
【治療内容】 上顎前歯に隙間があり、前方に大きく出ていました。また、上下顎ともに狭いアーチを呈しており、今後萌出予定の永久歯のスペースも足りない状態でした。そのため、まず、上下顎ともに拡大床という装置を使い側方に広げていきました。同時に前方に出ていた上顎前歯を拡大床の唇側線で舌側に移動させ、前歯と大臼歯にのみブラケットをつけて前歯を綺麗に並べました。また、下口唇を巻き込む癖などがあり、出っ歯を治す妨げになったので唇や舌のトレーニングも行いました。
■結果
Ⅱ期
Ⅰ期で狭いアーチを広げたおかげで歯を抜かずに綺麗に仕上げることができました。歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
【治療期間・費用】 期間:5年/費用:750,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

小児矯正症例(Ⅰ期のみ)

Before

小児矯正症例(Ⅰ期のみ)ビフォー

After

小児矯正症例(Ⅰ期のみ)アフター

【主  訴】 受け口を治したい。
【治療内容】 前歯は反対のかみ合わせをしていました。また、上顎が狭かったため、左の臼歯のかみ合わせも反対になっていました。まず、FKOという装置で前歯の反対咬合を治しました。その後、臼歯のかみ合わせも治すため、上顎に拡大床という装置を入れて、側方に広げました。
■結果
Ⅰ期のみなので多少の隙間やがたつきはありますが、前歯の反対のかみ合わせも左側臼歯のかみ合わせも改善し、歯列は安定しています。希望があればここからⅡ期に移行し、調整をしていきます。
【治療期間・費用】 期間:2年/費用:400,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

上顎前突症例

Before

上顎前突症例ビフォー

After

上顎前突症例アフター

【主  訴】 出っ歯を治したい。
【治療内容】 上顎の前歯が極端に前方に出て、強い出っ歯を呈していました。お顔を横から見たときも口元がかなり出た状態でした。また、軽度のガタガタと大臼歯の位置関係もずれていました(Angke2級関係)。上顎骨が大きく、前方に出ていたためヘットギアを使用しました。また下顎も小さく後方に下がっていたためツインブロックという下顎を前方に誘導する装置も使いました。正しい大臼歯関係に改善し(AngleⅠ級関係)、上顎前歯が前方に強く出ていた出っ歯が綺麗に治りました。口元もとてもすっきりしました。
■結果
Ⅰ期のみなので多少の隙間やがたつきはありますが、前歯の出っ歯も臼歯のかみ合わせも改善し、歯列は安定しています。希望があればここからⅡ期に移行し、調整をしていきます。
【治療期間・費用】 期間:2年/費用:400,000円
【副 作 用】 矯正に伴うリスク参照 →

審美的修復

ただ今、準備中です。

副作用やリスク

インプラントに伴う副作用やリスク

  • 治療には必ず手術を伴います。
  • 重度の歯周病がある場合は、埋入後、脱離のリスクが高いです。
  • 体質等により人工歯根と骨の定着が困難な場合があります。
  • 顎の骨が痩せて細くなってしまった方、上顎洞が大きい方にはGBRやソケットリフトなど、特殊な付帯手術(骨造成)が必要になる場合があります。

※以下の方は、インプラント治療を見合わせて頂く方が良いです

  • 高血圧で、降圧剤等によりコントロールがされていない方。
  • 心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから、半年以内の方。
  • 血液疾患のある方。(血友病等)
  • その他、全身疾患の持病等がある方。

矯正に伴う副作用やリスク

  • 矯正治療中、または矯正治療後に一般的に歯根吸収(根の先が丸くなり根が短くなる現象)歯肉退縮、骨癒着、断髄(神経が死んでしまう現象)などが起こることがあります。
  • また、ガタガタが強い場合、歯茎部にブラックトライアングルと呼ばれる隙間が生じる場合があります。矯正治療中は複雑な装置が付きますので、口内炎ができたり、清掃状態が不良になると虫歯・歯肉炎・歯周病が進行することもあります。
  • また矯正治療中に顎関節症を発症したり、一時的に知覚過敏が起きることがあります。
インプラント専門サイトインプラント専門サイト
矯正歯科専門サイト矯正歯科専門サイト
マウスピース矯正マウスピース矯正
審美修復専門サイト審美修復専門サイト
入れ歯・義歯専門サイト入れ歯・義歯専門サイト
おくだ歯科 診療時間
お問い合わせ 
tel 0574-42-8133
ネット診療予約
カウンセリング予約

自由診療につきましては各種クレジットカードによるお支払いも承っております。

クレジットカード
〒509-0214 岐阜県可児市広見2353-1
(バロー広見ショッピングセンター内)
ネット診療予約 求人サイト