可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美修復などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
親知らず

こんにちは、歯科医師の清水です。

皆さんは親知らずが痛くなったことはありませんか?

親知らずとは、前から数えて8番目の歯を呼んでいます。多くの場合20歳前後に生えてきますが、その時期を過ぎてもあごの骨の中や歯ぐきの中に埋まったままのことがあり、このような状態の歯を「埋伏歯」と言います。

歯が埋伏する原因はいろいろとありますが、顎が小さく、歯が生えるスペースが不足していることが原因であることが多いです。

一般に、「完全」埋伏歯は症状が出ないことが多いです。
ところが、「半」埋伏歯では口の中に歯の頭が出ているので、口の中を不潔にしているといろんな症状が出てきます。

特に親知らずは歯ブラシが届きにくく不潔になりやすいため、奥の歯ぐきが腫れたり、痛んだり、口が開きにくくなったりしたら、親知らずが原因かもしれません。

よく質問される内容がいくつかありますのでご参考にして下さい。

 

①症状がなくても抜歯した方がよいのか?

必ずしも抜歯しなければならないわけではありませんが、いつ症状がでてくるかは分かりません。
更に、半埋伏歯の場合は将来必ずと言ってよいほど症状がでてきますので、ご希望がある方には抜歯をお勧めさせていただくことがあります。

②いつ抜歯をするのが良いのか?

抜歯の対象となっている場合、出来るだけ早い時期をお勧めします。

若い頃は歯の根が未完成で比較的抜きやすい形をしている、骨が柔らかいので抜きやすい、抜いた後のキズが治り易い、等の理由からです。また、飲んでいる薬によっては抜歯が困難な場合がありますし、妊娠中に症状がでると薬が使いにくい場合がありますので、それ以前に抜歯しておくことをお勧めさせていただくことがあります。

 

③抜歯した後はどのような状態になりますか?

個々の歯によって異なりますが、一般的には、患部が腫れたり、一時的に痛みが出たり、口が開きにくくなるため食事がしにくくなったりします。

 

尚、神経に近いなど、リスクが高い場合は安全な治療のため口腔外科へご紹介させていただくこともありますのでご了承ください。当院でも智歯の抜歯をさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美修復サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト