可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美修復などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
補助的清掃器具について

こんにちは、歯科衛生士の渡邊です。今回は補助的清掃器具についてお話したいと思います。みなさんは歯磨きをした後何を使いますか?補助的清掃器具には用途に応じて様々なものがあります。

1.デンタルフロス

歯と歯の間の清掃に適したものです。デンタルフロスを歯と歯の間に通して磨き残しを除去します。デンタルフロスを指に巻くものと、ホルダー付きのものがあります。ホルダー付きのものはY字型とF字型のものがあり、デンタルフロスの使用が困難な奥歯への使用に適しています。

2.歯間ブラシ

デンタルフロスと同様に歯と歯の間の清掃に適しています。主に歯と歯の間に隙間のある場合に使用します。歯の周囲やブリッジ、インプラント、矯正装置の周囲などにも使用されます。サイズも様々なものがあるので隙間の大きさにより決めていただきます。一番細いサイズでも挿入しにくい場合はデンタルフロスを使用していただくと良いです。誤った使用を続けると隙間が広がることもあるので注意が必要です。使用後はよく水洗いをして、歯ブラシと一緒に乾燥した場所に保管してください。

3.タフトブラシ

歯ブラシと同じ様な形態をしていますが、毛先がまとまっていて毛の部分がかなり小さく、汚れの残りやすい部位への適合がスムーズになります。注意点としては、力がブラシに集中してしまうので、歯磨きをする時の圧に注意しなくてはなりません。また、タフトブラシだけでは汚れが取りきれないので歯ブラシとの併用が必要になります。

4.舌ブラシ

舌の上にも汚れが溜まっていきます。舌ブラシによって舌の上をキレイにすることは口臭予防などにも効果があります。また、口腔機能の低下した方には誤嚥性肺炎の予防として使用されます。使用方法は歯ブラシによる清掃後に水で湿らせながら軽くなでるように汚れを除去していきます。強くしごくと痛みを感じて舌表面を傷つけてしまうので注意してください。使用後は舌ブラシをよく洗い、乾燥して保管してください。

5.義歯ブラシ

入れ歯の清掃に用いる専用歯ブラシです。普通の歯ブラシでも汚れの取ることはできますが、入れ歯の形態によっては毛先が当たらずに汚れが取れないところもあります。特にバネの部分などには歯ブラシの毛先が届かないことがあります。入れ歯の洗浄は毎食後に行なうことが大切です。入れ歯の洗浄で、歯磨き粉を使ってしまいますと入れ歯が削れてしまう事があるので歯磨き粉を使わずに磨くようにしてください。

これらの補助的清掃器具を用いて虫歯や歯周病の予防をしてご自身の歯を残せるようにしていきましょう。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美修復サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト