可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美修復などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
歯の着色について
こんにちは、おくだ歯科の坂井田です。
今回は歯の着色についてお話ししたいと思います。

着色と言われて思う浮かぶのは、歯の表面に色が付く事ではないでしょうか。
原因によっては歯の内面、歯そのものが変色することもあります。
どの様な原因があるのか、どうしたら色がとれるのか、とれないのか
特に前歯などは、気にされる方も多いと思います。

まず、比較的とりやすい表面の着色についてお話したいと思います。

歯の表面につく原因とは
1.色の濃い食べ物や飲み物を習慣的に摂取する。
2.喫煙習慣によるタールの沈着
などがあげられます。

上記の着色が、歯の表面(エナメル質)の目に見えないくらいの
凹凸につく事で着色になります。
着色にも個人差があり、特に歯ブラシが上手く当たらない場所や、
上手く当てられない方などに多く見受けられます。
こういった表面の着色は、ブラッシングによって着きにくくすることも出来ますが、
自身で行なうブラッシングにも限度があります。
特に、セメント質や象牙質と呼ばれるところ(歯ぐきから露出した根元の部分)や、
歯と歯の間、歯が重なっているところを
無理にとろうとして力いっぱい磨いてしまうと、
表面に傷がつき着色や汚れが余計につきやすくなります。

着色は、歯科でのメインテナンスにより、しっかり落とすことができます!
メインテナンスに通い、細かいところまできれいにしましょう!


次に、歯そのものの変色についてお話します。

原因としては、
1.歯の神経が壊死してしまっている、神経を取った為に変色したもの。
2.薬物や生体の代謝異常が原因のもの。
3.加齢による黄ばみ。
4.歯の形成不全による変色
などがあります。

白くする治療はいくつかあり、神経が生きている歯であれば
ラミネートベニヤと呼ばれる歯の表面に薄いセラミックを付けるものや
ホワイトニングなどがあります。
また、原因1.の歯の神経関連の場合、
むし歯や歯周病などによる原因がありますので、
しっかりと原因を取り除いていく事も大切です。

歯を白くしていく方法は、
原因や歯の神経が生きているか死んでいるかによって
治療方法がかなり変わりますので、
興味がある方や色が気になる方は一度歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美修復サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト