可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美修復などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
口腔癌について

こんにちは。歯科医師の前川です。

私は日本口腔外科学会認定医で、口腔外科を専門としています。

 

口腔外科とは、口腔内の炎症・外傷・腫瘍などを専門に扱う分野で、主に市中病院などで目にすることが多いと思います。

私が口腔外科の疾患の中で、一番重要と考えているのは、口腔がんです。

口腔がんとは、口腔内に生じる癌の総称で、発生する部位により舌癌・歯肉癌・頬粘膜癌、口底癌などと呼ばれます。

これらは歯科分野の中でも数少ない生命に直結する疾患であり、口腔がんの9割以上が、歯科医院にて発見されます。

口腔がんは年々、発症数が増加しています。

 

がんの治療法は手術・放射線・抗癌剤などの化学療法などがありますが、口腔がんの場合は、手術が第一選択の治療となります。顔面が手術範囲となるため、術後の摂食障害、発音・構音障害、審美的な問題が生じやすい特徴があります。

口腔がんの治療において、最も重要なのは早期発見・早期治療です。癌は進行が早いため、治療が遅れるほど大きな手術が必要になり、術後の後遺症も重度になります。早期発見に寄与できるのは、日々の歯科治療です。適合の悪い被せ物や入れ歯も、口腔がんの発生に関与しますし、歯周病の治療や予防を行い、口腔内の衛生状態を良好に保つことも非常に重要です。

 

最近では、口腔がん健診の重要性も指摘されています。口腔内は、実際に目で見て確認できるという特徴があり、日々の検診や治療の中で発見することが可能です。定期的な受診が、口腔内をきれいに保つだけではなく、口腔がんの早期発見にも大切な役割を果たしています。

気になることがありましたら、ご相談いただけたらと思います。

また、親知らずについても相談を受ける事が多いので少しふれておきます。親不知は智歯とも言います。
良く疑問に思われることに、親不知は抜かなくちゃ駄目なのかという事があると思います。私の回答としては、あるから絶対に抜かなくてはいけないというわけではありません、項目に当てはまれば抜歯をお勧めします。
①一度でも腫れたり、痛みがでたことがある。
②親不知は生えてるが、噛み合わせの歯茎や舌を噛んでしまう。
③親不知の手前の歯に虫歯があり、治療の邪魔になっている。
上記は一部ですが、例えば①では一旦痛みが引くと、良くなったから治ったと考えられる方がほとんどなのですが、正しくは治ったわけではなく、一時的に症状が落ち着いているだけで、いずれ再度症状がでます。そのような時にすぐに抜歯ができる場合とできない場合があり、とても辛い思いをされる方も多くいらっしゃいます。

いずれにしても早期に受診していただき、現在の状況を把握する事は大切です。

ご相談お待ちしております。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美修復サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト