可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美歯科などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
口内炎

こんにちは。おくだ歯科です。

今回は口内炎について話をさせていただきます。

口内炎は、基本的に偶発的な外的刺激によって出来てしまう事が多いです。例えば頬を噛んでしまったり、歯ブラシが滑って傷つけてしまったり、くちびるだと乾燥して切れてしまったりすることもあります。

中には口内炎が出来やすい、という人もいます。
これは、例えば歯並びでずれて生えている歯があることで頬の粘膜を噛みやすかったり、噛んでしまう事が無くても歯の向きが頬へ向いていると刺激を受けやすくなっているなどが要因となります。
また、歯みがきをしっかりしていない場合、ちょっとの刺激によるちょっとした炎症(通常は痛みも出ず治ってしまう程度のもの)でも口内炎になってしまう事があったり、口内炎の治りが悪くなったりします。

口内炎は、通常2週間ほどで治ると言われています。これは、粘膜の細胞が作り変えられる周期が2週間ほどである事が理由です。

口内炎の治療は、可能であればまず原因の除去を行います。
例えば入れ歯が当たって出来ている口内炎であれば、入れ歯の調整を行ないます。
対症療法としては軟膏を塗ったりしますが、口の中なのでどうしても薬剤が流れてしまい、あまり効果的に薬剤を作用させることができません。
私共歯科医師としては、よく「日にち薬」なんて言い方をしますが、日にちが経過する事が一番の治療であるとも言えます。

よくビタミン不足だと口内炎が出来やすい、口内炎が出来たらビタミンCを取るといいと言われます。
これは、体内でコラーゲンをつくるときにビタミンCが必要で、ビタミン不足になると皮膚が荒れるのと同じく粘膜も荒れやすくなるためです。
また、寝ている間に体内で新たな細胞などがよく作られるので、寝不足も口内炎ができる要因となります。

長々と書かせていただきましたが、生活習慣が崩れた時、食生活が悪くなったり歯みがき習慣が崩れたり睡眠不足になったりすると口内炎は出来やすくなります。
普段より口内炎が出来やすくなったなと感じましたら、生活習慣を振り返っていただくとともに原因をはっきりさせるために歯医者に来て頂ければと思います。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美歯科サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト