可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美歯科などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
歯の健康と健康寿命の関係

歯の健康と健康寿命の関係

 

こんにちは!歯科衛生士の田口です。

今回は歯の健康と健康寿命の関係についてお話させていただきます。

 

健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことです。

歯が多く残っている人や、歯が少なくても義歯等を入れている人では、歯が少ない人また義歯等を入れてない人と比較して、年齢、治療中の病気や生活習慣などの影響を取り除いても、その後に認知症や転倒する危険性が低いということがわかってきています。

 

歯を失い、義歯等を入れてない場合、歯が20歯以上残っている人や歯がほとんどなくても義歯等により咬み合せが回復している人と比較して、認知症の発症リスクが最大1.9倍になるという結果が出ています。

また、歯が19歯以下で義歯等を入れてない人は、20歯以上保有している人と比較し、転倒するリスクが2.5倍になるという結果が出ています。

また、保有する歯が19歯以下の人は、20歯以上の人と比較して1.2倍要介護認定を受けやすいという結果が出ています。

つまり要介護状態になる危険性も歯が多い人ほど少ないこともわかってきています。

 

80歳の方々において、自家用車に乗っている割合や携帯電話を保有している割合は8020達成者の方(80歳になっても自分の歯が20本以上ある)が高いという結果も出されています。

 

つまり元気な高齢者でいるにはできるだけ自分の歯を保有することが秘訣となりそうです。

 

人それぞれ体質があるので、虫歯になりやすい方や歯周病になりやすい方はいらっしゃいます。
でも、しっかり治療して、定期検診・クリーニングをしていけば長く歯を残す事は可能です。

それを続ければ、痛くなったら外れたら歯科医院に通う習慣より必ず長く歯を残す事が可能となります。
日本の歯科界も変化してきてますし、昔よりずっとずっと歯を長く残す事が可能となっています。

 

万が一、歯を失ってもしっかり義歯等を入れれば、あらゆる機能は維持されるので、

かかりつけの歯科医院で相談しながら定期的なチェックが重要ということになります。

 

以上のように、歯の多い人ほどまたはすでに自分の歯を喪失しても義歯等で、口腔機能を回復できている高齢者は認知症になりにくく、転倒も少ないという疫学結果がわかってきています。

歯が多く残っていることや、すでに喪失していても義歯等で口腔機能を維持することは要介護になりやすい疾患を予防し、健康寿命を延伸する可能性があると言われています。

 

定期検診を受けて今ある歯を大切にしましょう。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美歯科サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト