可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美歯科などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
自費治療って何がいいの?

こんにちは。歯科衛生士の酒向です。 みなさん、歯科治療には保険診療と自費診療があることをご存じですか? 保険診療とは誰もが平等な治療を受けられるように国が定めたシステムですが、どうしても限られた材料でしか治療が認められていません。この症状にはこの治療という、決まった方法にのみ適用されるのが保険です。もちろん、保険でも十分な治療は行えますが、例えばそれより歯の予後に良い治療があったとしても、保険ではそれを選択することができません。 例えばむし歯の治療で保険を選択した場合。小さいむし歯ならプラスチックのつめものや、銀のつめもの、大きいむし歯なら銀の被せ物での治療が一般的です。治療した直後は削った歯に合っていますが、保険の材料は時間が経ってくると、少しずつ劣化していきます。劣化してくると、歯とつめものの間に隙間ができてきます。その隙間から細菌が入り込み、つめものの内部から再びむし歯になってしまうのです。これを『二次カリエス』と呼びます。(カリエス=むし歯) つめものや被せ物の下にできるむし歯は発見しにくいです。そして発見したとしてもそのつめものや被せ物を外して、内部のむし歯を除去するためにまた更に歯を削らなくてはいけません。すると自分の歯がどんどん小さくなってしまいます。むし歯が大きくて神経を取らなくてはいけなくなった場合、歯に栄養を運ぶための血管も一緒に取ってしまうので、歯に栄養が行き渡らなくなり、歯が脆くなって、歯が折れてしまう可能性がとっても高いです。歯が折れてしまったら、治療法としては、抜歯しかなくなります。   自費のむし歯治療に使われる材料は見た目が白いのはもちろんですが、劣化しにくい特殊な材料を使っています。また、接着剤を介して歯と一体化するため、隙間ができにくく、二次カリエスになるリスクがかなり低いです。ということは、再度むし歯の治療をする可能性がかなり低くなります。 値段は保険診療よりもかかりますが、長い人生において歯を一生大切にできる治療です。 歯の大切さとは、失ってから気づくものです。しかしそれでは遅すぎます。歯があるからこそ、おいしいものが食べられる。おいしいものが食べれるからこそ、出かけたり、旅行行ったりしたくなる。歯は人生に楽しみを生み出してくれます。   おくだ歯科ではその他にも様々な自費診療を行っております。もう治療できないと言われた方、今後歯を大切にしていきたい方いらしゃったら、お気軽にご相談下さい。

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美歯科サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト