可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美歯科などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
歯が痛いのに虫歯ではないと言われた時

こんにちは、歯科医師の清水です。

歯が痛いから受診したのに、虫歯ではないと言われた、そんな方はいらっしゃいませんか?

本日は、「Tooth Contacting Habit (TCH)= 歯列接触癖」についてお話しします。

あまり聞きなれない言葉ですが、上下の歯を”持続的に” 接触させる癖のことをいいます。

歯の接触と聞くと「かみ締め」や「食いしばり」「歯ぎしり」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実際にはグッと強い力で噛むことだけでなく、上下の歯が軽く接触していることを示しており、その軽い接触が、さまざまな症状を引き起こすことが分かっています。

今回は、そんなTCHについてお伝えします。

 

TCHはどんなときにしているの?

基本的には緊張するような場面でおこります。

  • 一時的な精神的緊張(運転・仕事など)
  • 習慣化した作業で集中するとき(パソコン)
  • 精密作業
  • 家事、テレビ、携帯

この他にも日常生活には様々なストレスが潜んでおり、自覚のないストレス状態から、多くの方にTCHが生じています。

 

TCHの口腔内への影響は?

  • 歯の慢性咬合痛
  • 歯周病の悪化
  • 充填物や補綴物の脱離
  • 歯の破折
  • 咬合時の違和感

おくだ歯科では患者様に「普段リラックスした状態では、唇を閉じていても上下の歯は当たらずに少しあいていて、鼻で呼吸している、それがベストな状態です」
とお話ししています。

強い歯ぎしりだけでなく、日中のTCHによっても筋の緊張・疲労が生じ、歯や顎の痛みを引き起こします。

重要なのは、日中上下の歯をふれさせないことです。

ただ、無意識に行なっていることが多いため、パソコン・冷蔵庫などよく見る場所に歯を離すことを思い出せるようなメモを張ることで、TCHを意識するようにしてみて下さい。

 

おくだ歯科では、歯や顎のさまざまな症状に応じて治療を進めてまいります。症状の改善が見られない方も、ぜひ一度ご相談下さい。

 

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

矯正歯科専門サイト

インプラント専門サイト

審美歯科サイト

入れ歯サイト

おくだ歯科求人サイト