可児市・多治見市 歯科医院(歯医者)おくだ歯科/インプラント・矯正歯科・審美歯科などは多治見市からすぐの可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯の豆知識
トップページ > 歯の豆知識
妊婦さんに知ってほしいこと

こんにちは、歯科医師の清水です。

今回は、女性だけでなく、妊娠している女性を家族に持つ男性の方にもぜひ知っていてほしい「妊婦さんの歯科検診・治療」についてお伝えします。

女性の人生の中で妊娠期は、女性ホルモンの影響により、齲蝕や歯周病を始めとした口腔内トラブルを起こしやすい時期です。

齲蝕原因菌は母子感染し、生まれてくるお子さんの齲蝕罹患リスクを高めることとなりますし、歯周病菌が産生する炎症物質は、早産・低体重児出産の危険リスクとなるとも言われています。

では、なぜ妊娠期に口腔内トラブルが起きやすくなるのでしょうか。主な原因を以下に挙げます。

①女性ホルモンの分泌が増加し、齲蝕・歯周病菌や免疫力に影響を与え、齲蝕・歯周病を起こしやすい環境となる。

②食生活・ライフスタイルが乱れ、栄養摂取が偏りがちになる。

③つわりにより十分に口腔清掃が行えず、プラークが停滞する。

これらを受け入れつつも予防するには、歯科の定期受診が最重要事項となります。

歯周病は、妊娠が原因で突如発症するというよりは、妊娠をきっかけとして、以前から存在する炎症が増悪したものと考えられています。

つまり、妊娠前から定期検診に通っていれば、予防の為のメインテナンス、齲蝕・歯周病の早期発見・早期治療ができますし、妊娠以降もメインテナンスで悪化を防ぐことができます。

歯の痛みを伴うようになっての受診では、鎮痛剤を内服しづらい時期であることも多く、納得の行く治療結果が得られない場合も多々あります。

 

妊娠前・妊娠以降の、継続した歯科検診の必要性をお分かり頂けたでしょうか。

また妊娠以降、歯科治療が不可能な時期は原則ありませんが、比較的安定している20~30週が望ましいでしょう。

産婦人科医から注意を受けている事があれば、受診時にお伝え下さい。そして、なるべく楽な姿勢で治療を受け体調・気分が悪くなった時は遠慮なく申し出て下さい。

おくだ歯科のスタッフ一同、妊娠中の方が少しでも安心して受診できるようお手伝いしますので、何でもご相談下さい!

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

インプラント専門サイト
審美歯科サイト
おくだ歯科求人サイト


このページの
先頭に戻る