可児市・多治見市の歯科衛生士奨学金制度のご案内。可児市・多治見市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科では歯科衛生士の奨学金制度を導入しております。

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯科衛生士奨学金制度のご案内
トップページ > 歯科衛生士奨学金制度のご案内
おくだ歯科の歯科衛生奨学金制度の取り組みについて
院長:奥田幸祐
歯科衛生士とは、こんなにも素晴らしい職業です。
  • 歯科衛生士は国が認めるスペシャリスト、一度資格を取得すれば、女性として一生働ける仕事 出産、育児後も復帰しやすい(もちろん、おくだ歯科も育児休暇あり、ママさんサポート制度もあり結婚・出産後もとても働きやすい職場です)
  • 患者さんと信頼関係を築き、とてもやりがいのある仕事
  • 歯科衛生士は患者さんの一生に寄り添え、患者さんからの「ありがとう」が何よりうれしい仕事
  • 勤務時間が比較的規則的で、結婚後も家庭と仕事を両立しやすい。ほとんどの医院が完全週休2日(会社だと決まった休みもなく、残業も多い)プライベートもしっかり楽しめる

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科では、歯科衛生士奨学金制度を導入しております。多治見市からもすぐ


歯科衛生士になるためには
院長:奥田幸祐
学校でのカリキュラムは大きく基礎科目と専門科目に分かれます。
基礎科目とは教養科目で、知識・教養を深め人間性豊かな歯科衛生士となることを目的にしています。
一方の専門科目は、歯科衛生士の業務に携わる上で必要となる知識・技術を学びます。
   
文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業、又は厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所を卒業して、ようやく歯科衛生士資格試験の受験資格を得ます。
   
歯科衛生士資格試験は筆記試験9科目により行われ、歯科衛生士国家試験の合格→歯科衛生士登録を経て免許証が交付されます。こうして歯科衛生士が誕生します。

歯科衛生士と歯科助手の違い
ドクターの診療アシスタントには「歯科衛生士」と「歯科助手」の2つの職種があります。
歯科衛生士の仕事は主に「歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導」の3つの役割があります。
歯科衛生士は専門性を活かしたやりがいのある仕事です。
院長:奥田幸祐
歯科助手は、免許や資格など必要なく勤められる職種で、歯科医師のチェアサイドでのサポート業務や、消毒・滅菌などの作業が主業務の職種ですが、それに対し歯科衛生士は、厚生労働大臣から免許を与えられ、歯科予防処置・歯科診療補助および歯科保健指導等を行う歯科医療職です。

歯科衛生士学校の学費と試験科目等について

3年間でかかる学費は大学により80万円~360万円とばらつきありますが、ほとんどの学校が約300万円前後です。

●歯科衛生士学校の入試日程について
大学にもよりますが、10月~3月です。
毎月入試日があり、いつでも受験できる学校も多く、3月まで間に合います!

●歯科衛生士学校の試験科目について
大学にもよりますが、「面接・作文・書類審査・学科・適性試験」などがあります。
試験難易度は、高くありません。

国の補助制度とおくだ歯科の歯科衛生士奨学金制度の比較

国の補助制度
進学に対して国で行われている補助制度は大きく分けて日本学生支援機構の奨学金制度と国の教育ローン(日本政策金融公庫)があります。

まず、奨学金制度について、無利子の第一種奨学金(特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な方に貸与を行う)と有利子の第二種奨学金(第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与、有利子なので3%程度の利子を払う必要あり)があります。
いずれにせよ、大学に入学してからしか受け取ることが出来ません。

また、入学時に約100万弱くらいかかる衛生士学校が多いですが、入学時に費用を用意できない場合は、国の教育ローンというのがあります。大学に入学又は在学される方の保護者に対して、入学金、学校納付金などの入学費用や、授業料、通学費などの在学費用を融資する制度です。これは3%程度の利子を、子供が大学を卒業してからでなく、すぐに返金が始まります。
院長:奥田幸祐
~ 当院の奨学金を受けるメリット ~
『お子様の教育のため』 ・お金の大切さを教え、責任感を育てます
・自立の精神を育てます
・社会貢献を達成させます
『経済的問題についても』 ・子供は進学を希望しているが、
 母子家庭で経済的に余裕がなく就職しなければならない
・子供は進学を希望しているが、
 兄弟姉妹が多く妹や弟に学費を残してあげたく就職する

※このようなケースでも、奨学金の返済は当院に勤務してからとなりますので、金銭面での不安が解消され安心して勉学に励めます。
『両親の収入制限について』 他の奨学金制度や国の援助は、所得制限が設けられている事が多いようですが、当医院の歯科衛生士奨学金制度では両親の収入に制限は設けておりません。
歯科助手から歯科衛生士に転身している人も多いです!


奨学金制度を受けたスタッフの声
院長:奥田幸祐tel:0574428133

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科では、歯科衛生士奨学金制度を導入しております。多治見市からもすぐ


おくだ歯科は福利厚生が充実しています!

厚生年金、雇用保険、労災保険、健康保険、退職金制度 、有給休暇、制服貸与、車通勤可、交通費支給(全額支給)、セミナー費用負担制度(宿泊費も交通費も負担)、完全週休2日、年末年始休暇、GW休暇、夏季休暇、賞与(年2回)、昇給、皆勤手当、残業手当、職務手当、産休・育児休暇、家賃補助制度、お子様一人につき1万円/月支給(中学生の卒業まで)など福利厚生が充実しています。
(※実例:2015年GW連休は6日間。2016年GW連休は7日間。)
院長:奥田幸祐
tel:0574428133
医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

インプラント専門サイト
矯正歯科専門サイト
審美歯科サイト
入れ歯サイト おくだ歯科求人サイト

  • ネット診療予約
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • おくだ歯科が選ばれる理由
  • 患者様の声
  • 初診の流れ
  • 万全の滅菌対策
  • 設備紹介
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • 求人情報
  • 歯科医衛生士奨学金制度
  • 各種料金案内
  • カード対応