歯周病・歯槽膿漏治療は可児市・多治見市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ/歯周病・歯槽膿漏治療対応の歯科医院(歯医者)/歯周病・歯槽膿漏治療は可児市・多治見市おくだ歯科へ

おくだ歯科ネット予約
ネット診療予約
求人情報案内
歯周病・歯槽膿漏治療
トップページ > 診療科目案内 > 歯周病(歯槽膿漏)
歯周病について
歯周病歯周病とは、細菌の出す毒素によって歯を支える骨が解けてしまう病気です。

歯を失う最大原因とも言える歯周病は、サイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状が出にくく、症状が顕著に出る状態にまで放置してしまうと既に歯周病が進行した状態になってしまっています。

長い期間をかけて徐々に進行し最後には歯が抜けてしまいます。初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血、口臭程度でほとんど自覚症状がありません。ある程度悪化してから噛めない、腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、などで歯周病だと気づきます。

歯周病治療歯周病は、どのような病気かというと、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯の歯周病原菌となる特異な細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。

もっとわかりやすく説明すると歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していくのです。また、「歯周病は歯を失う最大原因」なのです。

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる級の恐い病気なのです。

歯周病に限りませんが、歯周病は悪化すると非常に恐い病気です。 歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

尚、歯周病は、最近では全身疾患との関係も明らかになってきており、まさに「歯周病は万病のもと」とも言えるでしょう。菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。歯周病も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。歯周病の人が心臓病になる確立は2~3倍あります。他にも食道癌、糖尿病、早産、高血圧などにも関与しています。また、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、歯周病になりやすく、歯周病が治りにくいことがわかってます。
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

可児市・多治見市で歯周病・歯槽膿漏治療は可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ/多治見市からもすぐ


歯周病と全身疾患や糖尿病との関係
歯周病が進行して細菌が増殖すると、歯肉の血管から菌が侵入して増殖し、血液に乗って全身にさまざまな悪影響を及ぼします。
最近の研究によれば糖尿病や心臓血管病などが歯周病に関連する疾患とされており、肺炎や骨粗しょう症、腎炎、関節炎、発熱などへの関連も疑われています。さらに妊婦が歯周病にかかっている場合、低体重児出産や早産を起こす危険性が高くなるという研究結果もあります。

歯周病菌は、細胞壁の内毒素(LPS)によって、生きていなくても血中に入ると全身に炎症を引き起こすこともあるため歯周病の早期発見・早期治療は歯やお口の健康を維持するだけでなく、全身へのさまざまなトラブルの予防につながるのです。

歯周病と全身疾患や糖尿病との関係また、歯周病は腎障害、網膜症、神経障害、大血管障害、末梢血管障害に次ぐ糖尿病の第6の慢性合併症とも言われています。
近年その深い関連性はさまざまな研究から明らかにされてきており、右記の図にあるようなリスク要因から歯周病を発症、そして増悪させるといわれています。

糖尿病は、歯周病のリスク要因であるとともに、歯周病を放置すれば糖尿病の病状が悪化する可能性があるということになります。

言い換えれば、歯周病の治療をすることにより糖尿病のインスリン抵抗性を改善するということになります。歯周病でお困りお悩みの方は、可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ是非ご来院下さい。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

可児市・多治見市で歯周病・歯槽膿漏治療は可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科へ/多治見市からもすぐ


歯周病の治療方法について

スケーリング
スケーリング歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかを良く理解して頂いた上で、ご自分に合ったブラッシングの方法を学んで頂きます。
日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。
スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。

SRP
(長期間、歯医者で歯石をとっていない場合)歯石が多くついている状態になると歯と歯ぐきの境目の溝が4-6mmと深い状態になってしまいます。この状態になると歯石が歯肉の中にまで付着してしまっているため、麻酔(表面麻酔、局所麻酔)などを用いて、歯石を除去して歯の根元をきれいにするSRPという処置が必要になります。

スケーリングこの処置によって、ポケットが深い状態を改善することができます。深いポケットを放置すれば、その部分の歯周病は進行してしまいますので、しっかり歯石を除去することが大切です。

また、このSRPから先の治療は、歯周病治療に関するトレーニングを積んだ歯科衛生士の協力が必要になってきます。

外科処置をしなくてもこの部分の治療がきちんとできていれば、歯の延命につなげることができます。

フラップ手術
骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深いような箇所はスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。このような場合は、フラップ手術(フラップオペ)といって、歯肉を開いて歯根を露出させ細かい部分まで歯石を取り除きます。歯茎を切開し骨から剥離させ、目に見える状態で歯石や感染した歯茎を取り除き、残った健康な部分を縫い合わせます。
歯周病によって破壊された骨は通常再生することはありませんが、上フラップ手術(フラップオペ)に加えてコラーゲンなどの膜を貼り付けたり、エナメルマトリックスと呼ばれる特殊なたんぱく質を塗布することで、歯周組織の再生を促進させることができます。
再生療法は骨も再生できる最新治療で、手術により元の健康な状態と同じ構造で組織を回復させることができます。
ただし、進行度合いや状態によっては、適応できないこともあります。
フラップ手術症例1 治療前
虫歯が深くこのままでは、この歯は使えません。
フラップ手術症例2 歯周外科処置。
フラップ手術症例3 しばらくするとこのように治ってきます
フラップ手術症例4 かぶせの型取り前
健康な歯質に土台を建てることができます。
フラップ手術症例5 治療終了。
医療法人ALES おくだ歯科について
可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は、2015年5月より医療法人化致しました。
おくだ歯科の医院理念をはじめ、院長や副院長、そしてスタッフについては、下記よりご確認下さい。
  • おくだ歯科の理念
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフブログ
  • 歯の豆知識

可児市の歯科医院(歯医者)おくだ歯科は多治見市からも近い歯科医院(歯医者)です。歯のことは可児市のおくだ歯科へ。

インプラント専門サイト
矯正歯科専門サイト
審美歯科サイト
入れ歯サイト おくだ歯科求人サイト

  • ネット診療予約
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • おくだ歯科が選ばれる理由
  • 患者様の声
  • 初診の流れ
  • 万全の滅菌対策
  • 設備紹介
  • 院長&副院長紹介
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • 求人情報
  • 歯科医衛生士奨学金制度
  • 各種料金案内
  • カード対応